岩手県下閉伊郡山田町にある歯科医院、内舘歯科医院

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)について

義歯(入れ歯)治療とは
入れ歯だからといって、あきらめていませんか?
自分の歯で咬むことは、あたり前のようですが、とても素晴らしいことです。歯が抜けてしまっても、入れ歯を入れれば咬めるようになると、考えている方も少なくありません。しかし、入れ歯には必ず違和感があります。簡単に入れ歯を入れるといっても、入れ歯を使いこなすことはとても難しいことです。もちろん、違和感の度合は個人差によっても、入れ歯の程度によってもさまざまですが、入れ歯がフィットせず、『歯茎が痛い』『すぐ取れてしまう』なども少なくありません。これから入れ歯を作ろうと考えている方。現在の入れ歯に満足できない方。ぜひ当医院にご相談ください。

入れ歯のメリットとデメリット

メリット

  • 手術を受ける必要がない
  • 比較的、安価・短期間で治療が可能
  • 大規模な歯の欠損にも対応できる
  • 保険が適用されるものが多い

デメリット

  • 装着時に違和感がある
  • 見た目が良くない場合がある
  • グラついて安定しない場合がある
  • 正しい発音ができない場合がある
  • 食事後に外して洗わなければならない

セットC(3分割)

レジン床義歯(総義歯)

レジン床義歯(総義歯)
保険で適応できる総義歯です。材質がプラスチックなので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

金属床義歯(総義歯)

金属床義歯(総義歯)
義歯の床の部分が金属でできた、総義歯です。プラスチックの物に比べ床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

プラスチック(部分義歯)

プラスチック(部分義歯)
保険で適応できるデンチャーです。金属のバネでとなりの歯と固定します。 材質がプラスチックなので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、 機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

義歯治療における医師の選び方

義歯治療における医師の選び方
歯科の分野にも医科で言う、内科・外科・神経科といったような、補綴・保存・歯周・口腔外科・矯正・小児歯科といった分野があり、それぞれの得意分野が異なります。 そのため、良い義歯治療を行うためには、義歯治療の分野、補綴の分野を得意とし、入れ歯に関する新しい技術を取り入れ、入れ歯治療に力を注いでいる、医師に任せることが重要です。当医院の院長は、総義歯の第一人者田中久敏教授の元で学んだドクターの一人です。